生理痛が緩和するためには

神子整体院

03-6455-1808

〒150-0045 東京都渋谷区神泉町10-2第五岡崎ビル3F
渋谷駅マークシティを抜けて徒歩8分
神泉駅より徒歩3分

営業時間:平日10時から23時 土曜10時から18時

ブログ

生理痛が緩和するためには

ブログ

2017/06/19 生理痛が緩和するためには

自律神経の乱れと整え方-1024x683

◯30代女性

症状:生理でお腹が痛い、気持ち悪い、足が痛い、下痢

 

◯その原因と調整箇所は?

【ネガティヴ感情】肝臓経絡

(不幸、怒りやイライラ、侵略、でしゃばり、働きすぎ、前進できない、がまん出来ない、固執、責任転嫁)

【糖化タンパク質】

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

【第2チャクラ】

生殖器や膀胱、精巣、卵巣に関連。

バランスが崩れていると自発性や楽しみ、喜びを失ってしまいがち。

【免疫活性化】小腸

【栄養吸収率、消化低下】膵臓

【梅毒マヤズム】子宮

歴史的、遺伝的、肉体的、精神的な病気の土壌。

先祖から受け継いできたもの、弱った時にでてくる問題。

【知覚神経】

温度や痛覚、触感など感覚情報を脳や脊髄に送る。

 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯患者さんの状態、先生のコメント

調整前より大分楽になったそうです。

排泄していくことに意味があります。

生理痛はなぜ起こるのでしょうか?

みんなが同じ痛み、辛さではないのはなぜでしょうか?

そこに気づくと緩和していきます。

 

 

神子整体院

電話番号 03-6455-1808
住所 〒150-0045 東京都渋谷区神泉町10-2  第五岡崎ビル3階
営業時間 平日10:00~23:00 土曜日10:00~18:00
定休日 日曜日
クレジットカード 使用不可
座席 2
駐車場 なし

当院facebookページはこちら
http://bit.ly/2cbPGV7

TOP